今からでも遅く無い太陽光発電

電価格の下落など太陽光発電を取り巻く環境は一時期ほど恵まれたものでは無くなっているので、太陽光発電は割に合わないと諦めてしまう方もいらっしゃいます。

確かに国からの助成金や売電価格の低下など様々なメリットを享受出来なくなりましたが、当時よりも太陽光発電の技術そのものが急速に発展しているので、単純に同条件で比べることは出来ません。

また太陽光発電を導入する初期コストに対しても同様で、1kw当たりの設置コストも相当手頃なものになっています。屋根の形状やメーカーにより様々なケースが想定されるので一概にいくら安くなるとは言えませんが、安くなった売電価格を補って余りある初期コストの低下を実現することも可能です。

また先ほど国の助成金制度が無くなったと申しましたが、各自治体にはまだまだ有力な助成金制度が誕生しています。こちらも自治体によって大きく異なるので一概に言うことは出来ませんが、1kw当たり数万円の助成金を行っている自治体も多いので、ぜひお住まいの地域の相談窓口にお問い合わせの上最新の助成金制度をご確認下さい。

このように様々な制度が一時期よりは使えなくなっていますが、発電効率の向上や初期コストの低下など様々なメリットを上手く使うことが出来れば、まだまだ太陽光発電を導入するメリットは多くの方が意識出来ることとなっています。

しかし、こうした太陽光発電のメリットを残念ながら享受出来無い場合もあります。例えば屋根の形状が太陽光発電に適さないものであったり、周辺に太陽光を遮る障害物があったり、個別のケースによっては様々な事態が起こりえます。

しかし、最新の太陽光パネルでは各種の屋根の形状に対応出来るタイプや少ない日照時間でも十分電力をまかなえる発電効率や蓄電池など、様々なシステムを導入することによってこうしたケースでも太陽光発電の利益を十分得ることも可能です。ぜひ見積りやお住まいの地域の補助制度をお調べの上最適な太陽光発電を導入して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です