家電の省電力化と太陽光発電の関係

昔に比べると太陽光発電が活躍しやすい環境が整いつつあるなと感じます。例えば、各家電の消費電力というのがドンドン少なくなっているんです。それはつまり、今までなら使えなかったものも問題なく使用できる様になってきているという事です。例えばパソコンなどですと昔はデスクトップ型と言って、かなりの電力を消費したものですが、今はノート型の方が主流になって電力消費が極めて少なくて済むというものが殆どなのです。

これくらいですと家庭用の太陽光パネルでも十分に動かせるのではないかと思います。さすがに電子レンジなどになると多少厳しくなると思いますが、パネルを設置する十分な面積があるお宅ならば、それらも太陽光で作り出したエネルギーで動かすことが可能なのではないかと思います。近年研究が進んで太陽光パネル自体の質が向上しているので、更に条件は良くなっていると言えるでしょう。昔は太陽光で電気が作れるという事自体が凄いことであるかの様に言われていましたが、今はそれ自体は当たり前の事でしかないのです。

屋根が大きな家に住んでいるのであれば、この様なものの設置も簡単ですが、そうでない場合は太陽光発電をしている発電所から電力を買うというのが良いのではないでしょうか。原子力などと違って周辺環境に悪影響を与えかねない物質を使って発電している訳ではありませんから非常にクリーンだと言えます。燃料の輸入というものも必要ない訳で、省資源国である日本にとってはこれほど好都合な発電方法もないはずです。

狭いと言われる日本国内ですが、太陽光発電に必要なパネルを大量に設置する場所ぐらいは沢山存在しています。それらをフル活用すれば日本の電力問題は完全に解決するのではないでしょうか。あらゆる家電が省電力で動くようになっていますから、太陽光発電の活躍する機会は今後ドンドン増えて行くのではと思います。問題が完全に無い訳ではありませんが、将来的な日本の電力を支えるのは太陽光発電であるという事に間違いはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です