太陽光発電を上手く導入するコツについて

太陽光発電を自宅にも導入したい、
けどどうやって導入したらいいのかわからない、
そういう方が、今の日本にはたくさんいます。

そういう方のために、これから太陽光発電を導入するために役に立つ、
2つのコツをご紹介します。

太陽光発電を導入するコツ、その1は、
自治体から出る補助金を確実にもらうことです。

皆さんあまりご存知ではありませんが、
自宅にソーラーパネルを設置すると、自治体から補助金が出ます。
(一部出ないところもあります)

なので、自宅に発電施設を設置するなら、補助金が出るかどうか、
また補助金が出るならどういう条件を満たすと出るかということを必ず調べておきましょう。

この、補助金を出してもらうことが、太陽光発電を導入するうえで、
もっとも重要なコツなのですが、他にも重要なコツがあります。
それは、自宅にソーラーパネルを設置する際、業者と交渉することです。

自宅で太陽光発電をする場合、発電に必要なソーラーパネルは業者が接置します。
なので、業者と交渉する事でソーラーパネルの設置費用をまけてもらうことが出来ます。

いくらまけてもらえるかは交渉次第ですが、1円もまけてもらえないということはまずないです。
大抵の場合は10万円単位でまけてもらうことが出来るので、
お得に太陽光発電を導入したいなら、交渉は必ずしなくてはいけません。

この時、いくつもの業者から見積もりを取っておくと、
複数の業者を天秤にかける形で値引き競争を起こすことができるので、
なおお得になります。

交渉をするとしないでは、太陽光発電を導入するうえでのコストが大きく違ってきますので、
自宅で太陽光発電をしたいなら、業者の言い値のままに工事をするのではなく、
必ず交渉をしましょう。

自治体から補助金をもらう、業者と交渉をして少しでも値引いてもらう、
この2つが、太陽光発電を上手く自宅に導入するためのコツです。
これをやるとやらないとでは、太陽光発電のお得度がまったく違ってきますので、
電気代を節約したいなら、この2つを必ず実行しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です